瞑想

心配性で悩みが多く、ストレスを解消するカギとは?

悩み 心配 不安 ストレス 瞑想
この記事の所要時間: 338

「お金がなくなったらどうしよう・・・」
「老後が心配」
「子どもが全然勉強しなくて、将来が不安」

心配悩み、そして不安で毎日押しつぶれそうになっていませんか?

将来への漠然とした不安や心配は、いくらでも出てくるものです。

しかし、それらは今現実には起きていないこと。将来起こる可能性があるかもしれないものなのですね。

「そんなこと言ったって、本当にそうなってしまったら大変だからそうならないようにしっかり準備しておかないと」
「ボケボケして何もしてないようじゃ、ありとキリギリスのキリギリスになってしまうんじゃないの?」
「しっかりと事前に対応しておくのは当たり前」

実際にテレビや新聞、インターネットなどで大変な状況に陥ってしまった人たちを見ると、「いつかは我が身」と思うのも当然でしょう。

しかし、それがもしかしたら壮大な映画をみているのだとしたら・・・

心配や悩み、ストレスのある現実は壮大な映画館

自分の身に起きていないことを起きていると感じ、もしかしたら明日は我が身だと考えてしまう。

これは実は空想上の出来事に過ぎないのです。

「空が落ちてきたらどうしよう?」
そう考えて、一生逃げ回っていた人のお話がありますが、それと同じです。

子どもの将来を悲観する、自分の老後を心配する、日本経済の行方を憂う。

それらは今、起きていないことだから、頭の中で作り上げたシーンを見ているに過ぎないのですね。

まずは、「今、ここ」を感じましょう、見ましょう。

そうは言っても、具体的にどうやって「今、ここ」を見るの?と言うことになると思います。

その手段として、「瞑想」があります。

心配や悩み、ストレス解消のカギは「瞑想」の習慣

「瞑想」って、座禅を組んでやるやつ?
ムリムリ、そんな時間ない。

そんな場合もご心配なく。

「瞑想」は、形にこだわる必要はありません。

椅子に座っていても、電車に乗っていても、お風呂に入っていても、寝る前や寝起きでもできます。

また、歩きながらする「瞑想」もありますし、慣れてくるとお料理しながらでも「瞑想」はできます。

この「瞑想」を行うことで現実に起きていない心配や不安のほとんどは取り除かれます。

もし、何か良くないことが起きそうな場合は、直感で察知できるようにもなります。

この「直感力」があれば、漠然とした不安や心配は不要ですよね?

悩みの解決法ですら「直感」でできます。

スポンサーリンク

瞑想を行うことで得られる効果

吉田昌生氏の「~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門」によると、瞑想を行うことで得られる効果はたくさんあります。

集中力が高まり、仕事・スポーツ・勉強などの効率が上がる
ストレスが解消され心が穏やかになる
EQが高まり、心が安定する
頭が明晰になり、洞察力が高まる
直感力、創造性が高まる
思いやりが深くなり、人間関係が良くなる
内も外も若々しく、美しくなる
眠りの質が上がる
幸福感が高まる
ゆるぎない自信が育まれる
影響力、リーダーシップ能力が高まる
自分らしい人生を実現できる
参照:~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

人間が本来持っている力を最大限に発揮できるようになるのが瞑想の大きな利点ですね。

子どもにやらせても、効果は抜群。成績が伸びたり、やる気が出たりして生きる力がわき上がってきます。

また、外資系の企業では社員に瞑想をさせることで社員の能力をフルに引き出しているようです。

簡単にできる、心配や悩み、ストレスを解消する瞑想の方法

瞑想のポイントは呼吸です。

鼻から深く息を吸い込み、身体に入っていく呼吸の流れを感じなっがら、ゆっくりと口から息を吐き出す。

何も考えず、ただただ呼吸の流れを意識して3分なり5分続けるだけです。

だんだん1時間などの長時間でも瞑想できるようになります。

姿勢や場所にこだわる必要はありません。

誰からの邪魔されないところで静かに行うことでこれまで感じられなかった新たな世界が広がるでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です