心の研究

自信がない原因と自信がない時できること

自信がない
この記事の所要時間: 32

子育て、仕事、恋愛、結婚、就活。
人生のここぞと言うときに自信がもてない。

私はいつもおどおどしていました。

周りからも気づかれるほど「いつもおどおどしているよね?」と言われたこともあります。

私は生きること全般に自信が持てませんでした。

呼吸することさえ、これで良いのか?

歩くときですら、これで良いのか?

常に他人の目を気にして、正解を求めていました。

そんな私が自信を克服した方法とは?

自信がない原因

私が自信がなかった原因。

今になって思うのは、

正しいことしかしてはいけない、
失敗したら人に笑われる、
そしてバカにされる

この三つが心を支配していたからです。

正解や正しい答えがどこかにあって、その通りできないと落伍者の烙印を押されると信じていたのです。

そして、自分自身を否定し続けていました。

私は生きてはいけない人間だと考えていました。

私はダメな人間だ
私はダメだ
私はバカだ

そんな風に自分自身を24時間否定し続けていました。

何をするのも怖くて身体がブルブル震えて何もできなくなっていました。
親がやれと言うこと以外は。

自信がない時どうしていたか?

自信がない時は、1ヶ月も前からあれこれ考えて行動計画を立ててその通りできるように何度も練習していました。

テストの前などは、1ヶ月以上も前から準備。
教科書の何ページから何ページまで読むとか、問題集はここからここまでやるとか、それは何時から何時までやるとか、細かく計画を立てていました。

スポンサーリンク

しかし、恋愛や結婚、就活となるとそうも言っていられません。

恋愛は怖かったです、今でも怖いです。

結婚は「親が認めてくれる人かどうか?」ばかりを考えていました。

就活も、「親がどう思うか?」そんなことばかり考えていました。

自信たっぷりの人との出会い

ある時、自信たっぷりの人と出会いました。

彼女は私と年齢が変わらないのに堂々としていて何事にも動じません。

彼女は好奇心旺盛で、何でもチャレンジしていたのでした。

私は彼女を観察し続けました。

そして分かったのは、彼女は失敗を大げさに捉えませんでした。

私のように失敗して落ち込むことはなく、

「こうやったらこうなったからさー次はこうしようと思うんだよね」

そうやって、失敗してもチャレンジし続けているのでした。

自信がないのは失敗や批判を過剰に恐れるから

自信たっぷりの彼女との出会いで分かりました。

自信がないのは、結局は失敗と批判に過剰なまでに敏感になっていたせいでした。

失敗と批判を恐れるあまり、何も行動ができないでいました。

しかし、自信は失敗と密接な関係があると知ったとき、失敗や批判を恐れれば恐れるほど自信から遠ざかっていくと思いました。

自信はどれだけ失敗して、そこからどう改善したか克服したかが自信の根拠になります。

失敗と克服の数が自信につながり、自信は行動しなければ生まれないということが分かりました。

まずは行動せよ、そして失敗せよ。だけど失敗は恐れるに足りず。その失敗から改善策を見つけて次の行動をせよ。

このサイクルが自信を生むサイクルだと知り、私はたくさんの失敗経験を積みました。

だから今は自信がないとは思いません。

失敗しても平気です。それだけ図々しくなったとも言えますけどね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です