催眠

催眠を体験したレビューと驚くべき催眠の効果とは?

催眠 体験
この記事の所要時間: 259

催眠を体験したことがありますか?

一般的には催眠というと催眠術と一緒にされてしまいますが、催眠と催眠術は全く違います。

催眠術はテレビなどのショーであり、見せ物です。

一般大衆に見せるエンターテイメントです。

しかし、催眠は治療やセラピーの現場で患者さんの心の状態を改善するために使われたり、麻酔などの代わりに沈痛のために利用されています。

その催眠の驚くべき効果をご存じですか?

初めて催眠を体験したとき

私は、初めてヒプノセラピーによる催眠を体験したとき、深い眠りに入ったり目が覚めたりを繰り返していました。

心地よさに体も心もゆだねて、深く深くリラックスしたのでした。

深い眠りから起きたとき、一瞬私はお城の中にいる感覚になりました。

お城の地下で催眠をかけられているような感覚。

あれは一体何だったんだろう?と思ったのですが、それこそ前世体験だったのかもしれません。

催眠にかかる状態はスキルの一つ

しかし、一般的な催眠は普通は前世には行けません。

スキルの高いセラピストによる誘導でも、催眠をかけられている方(クライアント)にも催眠に入るスキルが求められるからです。

催眠は催眠をかけている側のスキルの高さと、かけられている側のスキルも必要になるようなのです。

私が催眠をかけてもらって、お城の中にいたのはその時だけです。

その後何度も催眠に入りましたが、熟睡してしまうことの方が多かったのです。

催眠は深いトランスに入る体験

催眠と睡眠はとてもよく似ています。

睡眠は、眠らない人はいませんから誰もができます。

スポンサーリンク

しかし、催眠は誰でもできません。体は眠っているのに意識は起きている状態にはなかなか到達できないのです。

私も何度も何度も体験を重ねて、2年近くたって、「こんな状態なのかな?」という感覚をつかめたような感じです。
実際にその感覚が催眠に入っているかどうかは不明です。

スキルの高いセラピストさんには、催眠に入っている状態なのかそうではないのかが分かるようです。

催眠に入れる人は能力の高い人

実は催眠に入れるのは能力の高い人が多いです。
一流のビジネスマンやスポーツ選手、芸術家などは、仕事に集中している時にゾーンと呼ばれる集中状態を越えた意識状態に入ります。

このゾーンに入ると、集中力が超能力を呼び覚まし、前人未踏の仕事ができます。

このゾーンこそが催眠状態なのです。

普通の人でも催眠に入れるようになると能力が開発される

普通の人でも、催眠に入れるようになると元々眠っていた能力が開発されて質の高い仕事ができたり、結果を残すことができます。

また、トランスと呼ばれる催眠状態を体験することで、心が明るくなります。
大いなる存在に守られている感覚が生まれて、本当の自分と繋がります。
そうなれば、ムリをしてポジティブシンキングなどしなくとも、体の中から明るさがにじみ出てくるようになります。

自分の中のトラウマや恐怖体験、心の癖などを催眠によって改善したりできます。

また、心の浄化も行われますので、心の中にべったりと張り付いた、嫉妬や妬み、恨みなどもはがされていきます。

催眠に入ることで心の中も浄化されるのですね。

催眠に入るのは元々人間の持っている能力の一つですからぜひ、あなたも体験して能力を花開かせてみませんか?


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です