スピリチュアル 江原啓之

お金はこうして引き寄せるを実践 考え方の確認

お金を引き寄せる
この記事の所要時間: 336

お金を引き寄せるって怪しいですよね?
だけど、この怪しさを本気で実践しようと計画しています。これがお金はこうして引き寄せる実践プロジェクト。

最初は、お金の引き寄せとなる基本の考え方の確認です。

それでは、レッツゴー!!

お金がない!貧乏と言う前に、お金を引き寄せる基本的な考え方をしているかどうかの確認です。
どんなに、お金を引き寄せる実践を繰り返しても考え方がマズければお金は引き寄せられません。また、人は自分の考え方をチェックする機会が無い限り、「自分は正しい」と考えているもの。お金についての考え方に正しいも間違いもありませんが、貧乏になる考え方をしているか、お金持ちになる考え方をしているかで、現実が変わってきますからね。

お金を引き寄せる磁石になる

あなたは、簡単にお金を引き寄せられると考えていますか?それともそれは胡散臭い、お金は苦労して汗水流して得るものだと考えていますか?

お金を引き寄せる磁石になるためには、「自分は簡単にお金を引き寄せられる」と本気で信じてからがスタートです。
そして、自分はお金持ちだという気分になります。

自分自身の内側にある精神的な豊かさを見つけてから、外側にある物質的な豊かさ(お金)を引き寄せます。

例えば、宝くじを当てる方法といういノウハウを実践したとします。しかし、内面が貧乏のままだと、どんなに優れたノウハウでも効果や結果にはつながりません。まずは、内面のあり方ですね。

ノウハウや方法だけではお金は引き寄せられません。

自分の人生を支配しているのは自分だと気づく

親のせいでこうなった、家族や旦那の無理解で私はダメになったなどと自分の人生を嘆く人がいますが、そのような人は自分の人生の責任を誰かのせいにして自分は被害者だと考えています。

かわいそうな私、不幸な私のポジションから一歩も引かず、割るものさがしに全力投球しています。

このような人は一生かかってもお金は引き寄せられません。

スポンサーリンク

まずは、どんなに相手に非があることであっても、自分で責任を負うというポジションに移動しましょう。自分で責任をとることがお金を引き寄せる基本です。

不足感は貧乏の元、豊かな気持ちを持つ

かわいそうな私、不幸な私は実は自分で引き寄せていたのです。そして更に、その原因を他人のせいにしているともっとかわいそうな私になり、もっと不幸な私になります。

実際に私の母がこのタイプです。

「自分は夫(私の父)のせいでこうなった」と自分の不幸の責任を他人である夫(私の父)に押しつけて、24時間、夫に嫌みを言い続けています。これにはそばで効いている私も辟易します。一番辟易しているのは多分私の母です。自分が言うことで自分の耳にも入るし、気持ちもますますどんよりしてきますから。
そのせいで母は病気にもなりました。

思考が現実を作る

私の母の例でも分かってもらえるかと思うのですが、思考や考えは現実を作ります。思考というのは、考え方なのですが考え方は無意識に90パーセント以上支配されています。

無意識(心の底)が現実を作っていたのです。

まとめ

お金を引き寄せる大前提はお金持ちの思考(無意識と考え方)をまず整えます。内面が豊かになると、内面に引き寄せられて外面が豊かになります。つまり、お金が引き寄せられるのですね。

お金を好きなだけ引き寄せられたらどんない素晴らしいのでしょう。

気持ちだけでもまずはお金持ちの気分になってみましょう。
今、たとえ借金があったり、収入がなくとも、お金持ちだと本気で思いこんでみましょう。

「私には数十億の財産があり、湯水のごとく使ってもどんどん入ってくる」だけど、敢えて今は、お金を使わない訓練をしているのよ。

貴婦人のごとく振る舞ってみましょう。

そして、ポンと寄付なんてしてみましょう。

貴婦人ごっこだけど本気でやってみる。久々に楽しい遊びをしながら人生を変えてみましょう。

お金はすでにそこにあります。
あなたがお金持ちになるのを邪魔しているのはあなたのです。
「お金はこうして引き寄せる」マリ―クレールカーライル著より引用


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です