菌活生活で、腸内美人になる簡単レシピ

 
菌活生活って、今、日本女性にブームだとか。
20代から40代の7割の女性が菌活生活をしているのだそう。

*菌活とは、体に良い菌を積極的に食生活に取り入れる活動のことです。

6~70年ほど前は10割の日本人が菌活なんて言葉すらなかったのに、毎日の食生活で自然にやっていました。

日本の伝統食品を探求して5年ほどになりますが、知れば知るほど日本人の知恵に驚き、実践すればするほどその即効性に感激します。

本日のわが家の菌活は?
 

 

味噌粕漬けで菌と対話する

f:id:mayusachi:20160913210206j:image

本日は味噌粕漬けを作りました。
味噌粕の床は、味噌と酒粕
 
f:id:mayusachi:20160913210245j:image

味噌も酒粕も自家製です。

f:id:mayusachi:20160913210305j:image

 
f:id:mayusachi:20160913210320j:image

漬ける野菜は人参さん。

 
f:id:mayusachi:20160913210352j:image

まず、太く切り、

 
f:id:mayusachi:20160913210416j:image
 
3~4分くらい茹でます。
 
f:id:mayusachi:20160913210442j:image

茹で上がったら薄く切り、

 
f:id:mayusachi:20160913210512j:image
味噌粕の床に漬けます。
 
f:id:mayusachi:20160913210535j:image
 
f:id:mayusachi:20160913210555j:image

途中、ふたを開けて、味噌粕の中の菌に「おーい!」と声をかけたら、ぶくぶくと反応してくれました。

 
f:id:mayusachi:20160913210619j:image

分かっているんですね、菌さん。

しっかり生きています。

人参は半日くらいでおいしく漬かり、晩ご飯のおかずになりました。

 
f:id:mayusachi:20160913210206j:image
 
f:id:mayusachi:20160913210635j:image

また、ナスが残っていたので、ナスをごろごろと切り、素焼きして30分ほどこの味噌粕の中に漬け込み、

 
f:id:mayusachi:20160913210716j:image
フライパンで焼くと、
 
f:id:mayusachi:20160913210737j:image
お肉のような食感でご飯がよく進みました。
 
f:id:mayusachi:20160913210755j:image

味噌粕は、何年漬けていても良いし、使わなくなったら酒粕の味噌汁にしちゃえばよいので、無駄になりません。

腸も喜び、体が元気になり、ちょっとほろ酔い気分になる味噌粕漬け、作ってみませんか?

味噌粕漬けのレシピ

味噌と酒粕は半分づつ。
今回は100グラムづつ。
少し本みりんを加えると甘みが出ます。

簡単で手間いらずなのでお試し下さい♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。